2018年4月14日土曜日

中華なベルサン

ベルトサンダーが欲しいなあ~と思っていたら知人から「要る?」とのお話が。
「輸入してみたがじゃじゃ馬すぎて使えん。そなたなら乗りこなせよう」ということで有り難く頂戴した。

なんだか良さ気だ・・・・。アリババで15万~30万くらいで売られてるみたいだ。



「突っ込みどころは多い」と知人は言っていた。

お解り頂けるだろうか・・・。
ありとあらゆる色々が斜めなのだ。

つまりベルトが回すとズレていくのである。調整機構で調整出来ない程に。


切るしか無い。

片側を切った。そしてジャッキアップ。

トラッキングホイールポストも斜めだったので切り込みを入れて曲げて溶接したがまだ曲がっていたので叩いたら折れた...orz
でネジ止めに変更。

元々付いてたモーターは中国の規格なのか330Vのモーターだった。なので新しくモーターとインバーターを購入。



元のモーターに付いてたドライブホイールはカチカチに嵌っていて外す時にもげてしまった・・・orz
なのでプーリーにコンパネを重ねてドライブホイールを自作。

なんとか使えるようになったかな?
コンタクトホイールも何故か横も縦もブレブレでこれまた使い物にならない。
なんとか削って振れを縦だけ無くした。

修理してると色んな人から「1から作ったほうが早い」と言われるw

各部品やらの寸法は解ったので自分でも作ってみようと思う。

2017年11月17日金曜日

バタフリャー再び!

島田さんの大人のバタフリャーを本焼で作ったらカッコイイだろうな~と思ってナイフマガジンやら山下刃物のサイトやらから画像を収拾して図面を書いた。
大きさは手元に有った関製のバタフライを参考にした。

焼入れしてまあまあ好みの刃紋が出たので島田さんに会った時に見てもらった。
その時にオリジナルを見せてもらったのだが全然大きさが違った。デカすぎた・・・Orz

ヤル気が無くなって放置プレイの日々。

ふとブレードを見るとなんだか動き出したそうな顔をしてたので進める事に。


悩んだ末に和鹿スタッグに決定。スタッグの切出しは古藤さんに教えて貰ったとおり真っ直ぐな部分を見つけて切出してやりすぎたかなと思うくらいまで薄くした。
ここからガッツリ削って・・・。

まあなんとか出来た。紐に付いてるのは猪の牙である。
静岡の鈴木さんにイノシシ使えば猪鹿蝶だwとアドバイスを頂きそのようにw
オリジナルのサーペンティンバタフライよりデカイのでオロチと命名しました。

2017年9月4日月曜日

ランタンリフレクター

ランタンの傘。反射板が欲しいなあと思っていた。

買うと高い。ならば作れば良い。何かを・・・何かを流用しよう・・・・。

ハードオフに良いものが有った。ハイハットシンバルだ。





なかなか良いと思う。

2017年8月24日木曜日

鉄錨牌汽燈

知人からコールマンのツーマントルのランタンを頂いて愛用していたのだが普通のガソリンを使ってたせいかジェネレーターが壊れてしまい放置していた。交換すれば良いのだけれどなんとなく・・・・。

そんな中ふらりと立ち寄ったリサイクルショップで鉄錨牌汽燈(アンカーランタン)を発見。
ほぼ未使用で2,600円程だった。

点灯を試みるもポンピングも出来ず。ポンプの弁が固着してるのだった。
専用の治具を作り弁を取り外す。

パーツクリーナーで固着を溶かす。
これでポンピングは可能となったが今度はバルブからの燃料漏れ。
これはなんとか水道用のテフロンテープでなんとか直した。

なんとか点火し使えるようになった。

気に入ったのでヤフオクで同様のペトロマックスコピーの鉄錨牌ランタンを1000円で購入。送料のほうが高かった。

ポンプの弁も予熱バーナーの穴も詰まってた。錆も酷い。






なんとかかんとか直して点火!

美しい・・・。

Amazonで海錨牌も買い3つに増えた・・・・(-ω-川)

2016年12月26日月曜日

ゼロリベット

カイデックスは便利・・・でも丁度良い留め具が見つからない事が多い。

そこで留め具無しで作れないか?ということで。







試作なのでまだまだ完成度が低いがもっと良くなるはずw


2016年5月28日土曜日

ウィルッカラプーッコ

フィンランドの有名デザイナーTapio wirkkalaのデザインしたウィルッカラプーッコを意識して作ってみた。





雰囲気は出たかな。

2016年5月23日月曜日

包丁修理



知人に頼まれた出刃包丁。中子が消滅している。

ステンレスの中子を溶接。





なんとかなった。

サービス。