2013年1月28日月曜日

いやらしいライト

100均で売ってる物で紫外線LEDライトを作りますた。

マジックライトペン

三つ目LEDライト

まずマジックライトペンから紫外線LEDを取り外します。
犠牲になったマジックライトペン
あとはLEDライトを分解して白色LEDをハンダゴテで取り外します。
そして紫外線LEDを移植。
LEDが9つのライトも100均であったのですがマジックライトペンも九本買わないといけないので三つ目にしました。


こんなもん作ってどうするのかと言いますと・・・。

エポキシ樹脂の入り込み具合の確認に使います。

エポキシ樹脂は紫外線に反応して発光します。

和庖丁等のいわゆる「差し柄タイプ」は水やら血液が入り込みやすいためエポキシ充填が欠かせません。




あと決してナイフショウの会場でこのライトは使ってはいけません 。
ハンドル材が割れて誤魔化した跡が丸わかりだとかヒルトとハンドル材の隙間がくっきり見えるとかなんて知りませんw
しかしシアノアクリレート系は見えない。


9 件のコメント:

  1. エポキシがブラックライトで光るとは知らなんだ・・・

    返信削除
    返信
    1. ものずきさん>>木工用ボンドも結構光りますよw

      削除
  2. 僕のナイフもこれで照らさないでください。
    イルミネーションになっちゃいますのでw

    返信削除
  3. このペンまだ売ってるんですね。
    数年前、模型関連の掲示板でネタになってて買いました。
    磁粉探傷の際に使う予定だったんですが、使ったこと無いっていう…。

    返信削除
  4. 非破壊検査に使えるとはw 

    ちなみにこの紫外線LEDは紙幣の印にはあまり相性が良くないです。
    周波数が違うらしいです。

    返信削除
  5. 常日頃、確認に使ってる。殆ど丸判りw
    他にも、一見綺麗に見えるコンロ周りとか
    トイレとか興味深すぎる。

    もちろん他人には薦めない。

    紙幣に反応するのは375nmの波長のじゃ
    なかったっけ?

    返信削除
    返信
    1. ネタにさせて貰いましたw 375nm探してみますw

      削除
  6. 私はここのナノってのを持ち歩いている

    http://www.southwalker.com/bl.html

    返信削除