2013年4月9日火曜日

BEARING

レース台のベアリングから異音がしていた。

なのでグリスを給油してみた。

給油式ピロー形ユニットのベアリングは定期的に給油しないといけない。

かなりの改善が見られたもののまだ異音はする。

あまりメンテナンスがされてなかったようだ。

工場等では無問題レベルの音なのだが・・・・・。

思い切って新品のベアリングを買った。

4 件のコメント:

  1. 消耗品ですし、きちんとメンテナンスされてなかったんでしょうね。
    正しい選択だと思います。

    「機械に愛情を まず給油」

    返信削除
    返信
    1. バトーさんの天然オイルみたいなw

      実は問題が発生しまして・・・・
      ピロー形ユニットの品番がP205だったんでMonotaROで買ったんですが軸径が違う・・・・orz
      外枠は間違いなくP205なんですが中のベアリングが・・・・。
      元からついてたベアリングは軸径22mm。
      今回買ったのが軸径25mm・・・・・・・。
      なんだこれ特注品なのか?とパニック中w

      削除
  2. 消耗品であるということ。特殊な径であるということを鑑み、今後の整備性を上げる為にも25ミリのリニアシャフトを買い、プーリとファンの穴を25ミリに広げる事で解決する予定。

    返信削除
  3. 意外な部分でも手がかかっちゃってますねW
    でもその分、機械にも愛着が湧くんじゃないでしょうか。

    上手く行くことを祈ってます。

    返信削除