2015年10月20日火曜日

OMIYAGE

先日、ハワイの友人が訪ねてきてくれた。
 鋏の研師をしてる人だ。
「OMIYAGE」にサメの歯のナイフとフィリピンのハンドメイドバリソンを持って来てくれたw

 この鮫の歯のナイフは驚くべきことに毛が剃れる。
オソロシイw

バリソンはなんとも言えず味わいがある。
どちらも美しい。








 他にもジャーキー、マカデミアナッツも頂いたw

こちらは最初に作ったキ◯ノコンプもどきを 持って行ってもらった。キ◯ノコンプ
画像を見せたら「ナニソレホシイ!」と言われファスナーズのサイトを紹介したのだが
すでにコンプ2も直前に売り切れており一足遅かったのだった。
「ジュウガツにニホン行クカラ!」というのでお土産に持って帰ってもらおうとちょっと掃除した。

買いたくて買えなくていつの間にか生産中止になってしまったので自分で作ったモノが
 それが海を渡ってハワイで使われるとは非常に面白いw 

英語力が中2レベルだったので心配だったがなんとか会話が成立。
なんとかなるもんだw


2015年10月2日金曜日

焼刃土無しで

ブレード全体を赤めて刃先だけ(ブレードの幅半分程度)を油冷してみた。
焼刃土は無し。




丁字足が出るんだなこれが。




乱れ映りも出てたりする。

ナイフマガジン2001年12月号の赤堀さんの特集で刃先のみの冷却で丁字が出るらしい事は知っていたがあまり信じていなかった。

松本ナイフショウでカスタムナイフメーカーの鶴田さんのナイフを見せてもらった。
聞くと刃先だけ赤熱させて普通に油冷だということだったが綺麗な丁字足が出ていた。
 (写真は東風麿氏からの頂き物)

最初は油槽のプラットフォーム(上げ底 )に使っているプレスの抜きガラの影響かと思ったが
刃先のみ赤熱でまるごと油冷でもこの様になるそうなので謎は深まるばかりw

素焼き、裸焼きと言われる焼刃土無しの焼入れ方法が刀にあるがこれは水冷の際の蒸発による気泡が作用しているとかいないとか。

油で素焼きしてこのような刃紋が出る理屈はまだ不明であります。




2015年9月21日月曜日

女子力×トマホーク

松本ナイフショウのコンテストテーマが女子ナイフだった。
よくわからないので女子に持って欲しい刃物を作る事に。
だからトマホークを作った・・・・・・。

斧を一から作る技術は無いので千吉のハンドアックスを流用します。
ピンクのハンドルの1500円くらいの小さい斧です。これはハンドルから取り外して黒染めした状態です。






外形を大きく変更しました。結構スマートな印象に。長ナットを鍛造して広げます。
昔のパイプトマホークにはライフルの銃身が流用されたとの事でなんとなく似ている長ナットを選びました。パイプトマホークはハンドルに細い穴が開いていてタバコが吸えるようになっていたそうです。

鍛造して広げたナットをボルトで仮付け。





長ナットを溶接しました。このナット部分にタバコの葉を入れる。

 パイプの穴が寂しいのでフタ兼スパイクを作ります。





 なんとなく独鈷杵の雰囲気にw












 ハンドルに穴を開ける予定でしたがこんな形状にしてしまったので諦める事に。
なのでパイプトマホークモドキです。



 なんとなく雰囲気出たかな?


なんと巨匠の方々の近くで展示することにw


賞は取れなかったけどなかなか目立てたと思うw

2015年9月12日土曜日

差し柄用治具

差し柄用の固定治具です。




シャコ万を改造して作る人が多いみたいですが大きいのは結構お高いので作りました。
自立するのが特徴w

2015年8月6日木曜日

2015夏オフ

今年も夏オフに行ってきました。
写真はほとんど無いんだ・・・・(-ω-川)

オフ前日くらいにペインオブウインドアタック。
仕事が終わってから出発まで仮眠 しようとしたが痛みは酷くなっていく。
シップを貼って寝ようとするがあまり寝れず。三時に目覚ましをセット。

起きた時にオフ会に行くか判断しよう。

三時起床。痛みが若干引いている。なんとか歩ける。
凍らせた飲み物、食べ物をクーラーボックスに入れて出発。

9時頃キャンプ場に到着。管理人もまだ来てない。
仮眠。
しばらくすると管理人に起こされた。
受付を済ませ一番奥のキャンプサイトへ。

すぐに釣り師イカさんがやってきた。
初対面だったので自己紹介と名刺交換。

イカさんからノンアルビールを頂いて皆を待つ。

乙つあんが来てものずきさんが来てデビル師匠、312師匠、こいとさん、ちひろさん、アスさんも来た。
ろくろっち 、Nハンターさん、半地下さん、gfdさん、ハリーさん・・・・。

乙つあんの岩牡蠣やデビル師匠の手作りフランク、大使さんのエビスビールやらものずきさんの猪とか鹿の燻製などを頂く。
312師匠にロキソニンを頂いて随分足が楽になった。

ちょこちょこ肥後守キットの制作を手伝う。
なんとかうまく行ったかな?

Nハンターさんがウリボウと京地鶏を持ってきてくれた。
さっそくウリボウを尾上刀を使ってお肉にした。
ウリボウは美味しいカレーになりましたw

翌日地鶏を捌こうと吊るす為に袋から出したら地鶏が脱走。
皆で追い込み猟をするハメにw
ペインオブウインドの足が痛かったが走った。
なんとか捕まえ焼き鳥とパスタに。

今年も 美味しいものばかりだった。


2015年6月7日日曜日

自在バイスの防塵カバー



パオックの自在バイスの防塵カバーを作りました。
元々付いてたのは買ってから一ヶ月もせずに破損しまして今まで布を巻いたり
革手袋に穴開けて付けたりしてましたがもう我慢できなくなったので革でカバーを作りました。

ゴムカバーの様な復元力は無いもののかなり丈夫になりました。

2015年5月16日土曜日

のこのこ


古いSilkyの鋸刃を貰ったので柄をつけてみた。
目立てにも挑戦してみようと思うw

2015年4月3日金曜日

興亜一心バタフリャア

装剣金工・刀身彫刻師の片山重恒さんにお願いしてバタフライのハンドルに文字を彫ってもらった。
全体が引き締まり良い雰囲気になったと思う。
刀職の仕事はスゴイな。

2015年3月12日木曜日

改造3

ほぼ最終形態になった木工用ベルトサンダーBSD-25。

ヤフオクで買った550Wのモーターを増設してツインモーターにした。
エンバンは使えなくなったがまあ良いかw